So-net無料ブログ作成

掌蹠膿疱症性骨関節炎 2 [掌蹠膿疱症性骨関節炎]

※掌蹠膿疱症性骨関節炎の治療の参考などにはなりません。
 あくまでも、私の個人メモだと思ってご覧くださいませ。


さて、昔を振り替える前に、まずちょっとだけ、今の状況から。

掌蹠膿疱症性骨関節炎とは言っても、私は「掌蹠膿疱症」自体の症状は、実は現在全く出ていません。
それは、「かなあ?」と診断された4年前も同じ。
手とか、足とか、フツーなんです。

だから、診断結果が「かなあ」なんだと思います。
それが、今飲んでいる薬のおかげなのか、どうなのかはわかりませんが。

でもね。

もう、15年位前だったか…その頃は酷い手荒れだったの。

さあ、振り返っていくよ。
丁寧に書くのが面倒だから、口調も変わるよ(笑)



下の子の妊娠時、妊婦の間に歯医者へ行けと言われるがままに、引っ越ししてきてお友だちもいない状況で、特に評判もわからないまま近くの歯医者へ行ったさ。

マスクもせずに登場して、口を開けているところへくしゃみするような、今でも恨みに思っちゃう歯医者(笑)その後、治した筈の被せた中がどんどん悪くなって、何本ダメになったか解らない、今でも恨みに思ってる歯医者ー!

そう、そして、本当に、「今になって思えば」、なんだけど。
その頃から、異変があったんだな、これが。


まず、頭にやたらとかさぶたができた。
痒い、とかはなかったと思うんだけど(もう、覚えちゃいないの)、特に頭のてっぺんと、後頭部下の、毛の生え際から上の辺りに、それはそれは沢山。

毎日むしってました。
何が原因だかさっぱり解らないし。
シャンプー変えても治らないし。
まあ、しょうがないって思ってた。

で、手だ。
手の、指と指の間が痒くて痒くてしょうがない。
水掻きのところね。
全部の指の間。右も左も。

全くもって我慢できない痒み。
日中は我慢できても、夜寝てるときなんて自制心も何もあったもんじゃないから。
かきむしるよねえ。
ただれて、じゅくじゅくして、大変だったの。

写真がないのが残念でならないけど、見せられても迷惑だろうから、いいや。

何にかぶれてるのか見当もつかないし。
でも、そもそも、医者に行くのが好きじゃない。
怖いとかじゃなく、子供二人連れて行かなきゃならないから面倒とか、お金かかるとか、ただ単に面倒とか、そんなんで、行かないわけですよ。命に危険があるわけじゃないし、いいかーってね。
いい大人なんて、そんなもんでしょう?(どうだろう)


しかし、ある日、子供の謎の湿疹があって、流石に子供の病院は行くじゃないですか。
その頃にはお話出来るお友だちもいたので、皮膚科教えて貰って、行ったわけです。
この辺じゃ、有名だと言う所へ。

ド田舎だから、皮膚科どこだよ、遠いわーって思いながらね。
そして、とうとう自分もついでに見てもらったの。

そしたら、そこの凄いおばあさんの医者が、ちらっと見て(ほんと、見ただけ)、
「はい、主婦湿疹ね」
ですって。だから、「原因は何でしょうね?」的なことを言ったが最後、

「んなもん、あんたにしか解んないでしょうが!」

と、怒鳴られましたとさ。
今、思い出しても腹立たしい!(笑)

そして、伸びない硬い軟膏的な物を出されて終わり。


毎日塗るも、全く治らず。
2度と行かなかったわ。
そのまま数年。

いよいよ子供が大きくなり、パートに出られる事になって、接客業だからこの手は悲惨すぎてあかんだろ、と思い、毎日毎日毎日毎日、気がつけばメンタームを塗ったさ。

メンソレータムじゃなくて、メンタームね。
ナースじゃなくてインディアンの方の。
やっすい方の。


そしたら、奇跡的に治ったのですわ。

ボロボロが。見事に、綺麗に。
子供の頃から、あって当たり前だったささくれも、綺麗に←これは当たり前か。
私の人生で一番綺麗かもしれない手になった(笑)

頭のかさぶたはまだ治らないよ。

疲れたから、明日に続く…。




参加しました!
励みになるので、もし宜しければ、ポチッと押していただけると嬉いです!
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。