So-net無料ブログ作成

掌蹠膿疱症性骨関節炎 4 [掌蹠膿疱症性骨関節炎]

※掌蹠膿疱症性骨関節炎の治療の参考などにはなりません。
 あくまでも、私の個人メモだと思ってご覧くださいませ。


さて、そんな私が、それを知ったのは、歯医者でした。


そう、とうとう、治した筈のところが、反乱を起こしてきたんですね。
で、もう、あの歯医者はあかん、と言うことで、違う歯医者へと向かいます。

「わー、酷いね、どこでやったの?」

そうですか、酷いですか。
言ってもいいですか、あの歯医者の名前を。

言えませんでしたけど。

そして、なぜか私の手を見て一言。
(その頃は既にただれは無かったけど、ささくれはあったな。)

「あれ?アレルギーある?金属の。」

???????????????

「え・・・ないと思いますけど・・・たぶん。」

「うーん、できたら次来る時までに、どこかでパッチテスト受けてきて」

さあ、なんのこっちゃですよ。
アレルギー?
金属の?
金属のアレルギーって、何?

あまりにも、無知。
さて、田舎なので近所にアレルギーのパッチテストやってる皮膚科が無い。

ネットを使って、なるべく近くで、パッチテストやってる所を探し、遠いわー!と、やっと着いたら、めちゃくちゃ混んでて。3時間くらいは待った。
ようやく自分の番になり、金属アレルギーのパッチテストをお願いします、と伝えると。

「どれとどれやるの?」

もう、ね、何を言っているのかわからないよね。
種類があるとか、そんな知識もないのですからね。
そもそも、何をされるのかも解ってないし。

「何を・・やったらいいんですかね?」

聞きましたよね。当然。

そしたら、「どこかでやって来いって言われたのー?」「歯医者です」
の流れにより、歯医者で使う系の金属など、確か12種類くらい、選ばれて。
背中の首の下あたりにべロン、と貼られまして。

?がれないように気をつけて、お風呂は入ってもいいけど絶対に濡らさないで、できたら入らないで、3日後来て。もし、?がれたらすぐ来て、とか言われて、病院を後にしました。


うん、翌日起きたらはがれてたね。

しぶしぶリトライ。
遠いわー!


今度は右腕の上腕に同じように貼られ、同じように言われ、帰宅。
すでに、背中痒い。

背中見てー、と旦那に見てもらうと、

「あー、クリリンみたいになってる。」

まじか。




もちろん、「クリリンのおでこの模様みたいになってる」ですけど。

腕もかゆくなった3日後、また病院へ。

 「今回大丈夫だったのは、
   「純プラチナ」「ステンレス」
  後は、全部アレルギー」

との、ありがたいお言葉をいただき、めでたく認定されましたとさ。
そう、この日から私は、違いのわかる女になった。
偽物プラチナはかぶれるぜ

その日から、壮絶な金属との戦いが始まる…(笑)

参加しました!
励みになるので、もし宜しければ、ポチッと押していただけると嬉いです!
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。